1. ホーム
RUSSELUNO ラッセルノ セットアップ 0サイズ

{#h2title1}

{#googleDes}

{#h2title2}

{#googleDes}

{#h2title3}

{#googleDes}
  • 開発リードタイム: コミットしてから main ブランチにマージされるまで
  • デプロイ数: main ブランチにマージした回数(main ブランチにマージすると開発環境向けのビルドとデプロイを行うため)

{#h2title4}

{#googleDes}
  • スケジュール実行できる
  • 対象のリポジトリから開発リードタイムとデプロイ頻度を収集する
  • 収集したデータを元に指標をダッシュボードとして Web に公開する(ただし社内メンバーのみアクセス可能)
  • ダッシュボードの更新を Slack 通知する
【①点限定】完売24.5cm ナイキ ウィメンズ ジョーダンMA2 パープル

{#h3title1}

{#googleDes}
  • リポジトリからのデータ収集
  • Dashboard 作成

{#h3title2}

{#googleDes}

実装イメージ

{#h3title3}

{#googleDes}[email protected] Allen Iverson 100% &400%

{#h3title4}

{#googleDes}でびでびでびる ぬいぐるみ

{#h2title5}

{#googleDes}
【ホワイトシエル】FENDI ’フェンディ 時計’ 12Pダイヤモンド☆極美品☆

{#h2title6}

{#googleDes}

{#h2title7}

{#googleDes}
  • 各環境の状態がどのコードベースで適用されているのか可視性が高い状態であること
  • 運用ナレッジの習得量が少なくても運用ができること = シンプルであること
  • 高速且つ信頼性の高いデリバリーが実現できること
  • 前バージョンへの切り戻しが高速且つ容易であること

{#h2title8}

{#googleDes}

{#h2title9}

{#googleDes}

{#h2title10}

{#googleDes}

{#h2title11}

{#googleDes}
  • 各環境の状態がどのコードベースで適用されているのか可視性が高い状態であること
  • 運用ナレッジの習得量が少なくても運用ができること = シンプルであること
  • 高速且つ信頼性の高いデリバリーが実現できること
  • 前バージョンへの切り戻しが高速且つ容易であること

{#h2title12}

{#googleDes}
SIGMA 20mm F1.8 EX DG ASPHERICAL RF

{#h2title17}

{#googleDes}

{#h2title18}

{#googleDes}

{#h2title19}

{#googleDes}

{#h2title20}

{#googleDes}

{#h2title21}

{#googleDes}
  • インフラストラクチャを分散させずに信頼を分散できるシステムを設計することで、皆が自分のサーバーを管理しないという前提を受け入れる必要があります。
  • ソフトウェア構築の負担を軽減するよう努めるべきです。

{#h2title22}

{#googleDes} {#google_images}
★世界で1台!トリコロール キャリパー!超人気の赤パール!ケース封印シール未開封!MR 1/43 Lamborghini ウラカン STO 最終進化形モデル

{#h2title23}

{#googleDes}
  • XcodeのVersion:13.2.1 (13C100)
  • iOS Simulatorの名前:iPhone 13
  • iOSのversion:iOS 15.2

{#h2title24}

{#googleDes}

{#h2title25}

{#googleDes}
  1. SwiftUIでネイティブアプリの作成を行う
  2. ネイティブアプリへFirebase SDKを追加する
  3. GA4のDebugViewでログを検証する

{#h2title26}

{#googleDes}

  • ContentView
  • SubView
  • MyWebView

{#h2title27}

{#googleDes}

{#h4title1}

{#googleDes}

{#h2title28}

{#googleDes}

  • Key:FirebaseAutomaticScreenReportingEnabled
  • Value:NO(Boolean)

{#h2title29}

{#googleDes} {#back_tag_1} {#youtube} {#view}
【最終価格】新品タグ付き★マッキントッシュ フィロソフィー キルティングコート

  • facebookのcross-platformフレームワークで、1回書いたらAndroid、iOS、Web全部動くだろう。
  • React Native(以下RN)という名前付けなので、React開発者にとって、使いやすいだろう という浅い認識で、チームメンバーと一緒にRNのプロジェクトを書いてみました。

  • バージョンアップが早い
    • 最近のリリースを見ると1年間3個のメインバージョンがもうリリースされて、RNのバージョン管理が課題になりそう、特にキャッチアップには、互換性の問題が目の前に
  • debugの難しさ
    • Web開発と比べると、RNでよくみる真っ赤な画面のエラー画面あるが、それのメッセージだけで、フロントかネイティブかのエラーの判断は難しい
  • 要素の高さがスクリーンの高さを超えたらスクロールできない
    • Webだと生まれつきでスクロールできるけど、RNの場合一番外側にスクロール可能のエレメントでwrapしてあげないと
  • iOSとAndroidにおいての違い
    • ある程度RNがその違いを埋めてくれてますが、それぞれの環境に依存した処理がある(外部libで済む場合も)
  • リストの選択
    • RNのリスト、元々listViewとflatList二つもあって、listviewは性能的な問題で放棄されて、flatListが推奨されてます(実際カルーセルを作った際に困ってた)

ステップ:

  • 環境設定
  • なんとなく動くnative code書く
  • RNを介して、native moduleとして、JS側にに披露(expose)する
  • JS側で呼び出し

{#h4title2}

{#googleDes}

{#h4title3}

{#googleDes}
  • AndroidのToastを使って出力できるsayHelloToPopUp
  • Promiseを返すsayHelloAfterThreeSecond

{#h4title4}

{#googleDes}

YAMAHA SG2000 MT エスカッション

{#h2title30}

{#googleDes}

{#h2title31}

{#googleDes}
  • 平均暗号化処理時間(ms)
  • 各暗号化処理時間を昇順にソートした際の90パーセンタイル値(ms)
  • 最大暗号化処理時間(ms)

{#h2title32}

{#googleDes}
  • 言語
    • Golang
  • SDK
    • aws-sdk-go-v2
  • 実行場所
    • EC2(t2.micro/x86)

{#h2title33}

{#googleDes}

{#h2title34}

{#googleDes}

avg(ms)90 percentile(ms)max(ms)
526573

avg(ms)90 percentile(ms)max(ms)
74921132158

avg(ms)90 percentile(ms)max(ms)
283954

{#h2title35}

{#googleDes}
めぐみさん専用

{#h2title41}

{#googleDes}

{#h2title42}

{#googleDes}

{#h2title43}

{#googleDes}

{#h2title44}

{#googleDes}

{#h2title45}

{#googleDes}

{#h2title46}

{#googleDes}
新品 テーラーメイド SIM2 MAX レスキュー カーボンシャフト 2本セット 3U 4U フレックス R

{#h2title47}

{#googleDes}
  • サイト訪問者数、離脱者数、任意のページにおけるスクロールされた割合など基本数値を把握できる
  • 1ユーザーにフォーカスして、サイト上でどんな行動をしたのかセッションレコーディング(録画)できる
  • どこをクリックして、どこまでスクロールしたのかヒートマップで視覚的に可視化できる

{#h2title48}

{#googleDes}

  1. Microsoft Clarity アカウントを作成する
  2. GTMを使用し、Clarity tracking codeを配信する
  3. GTMのプレビューで、設定したタグが配信されているか確認後、公開する
  4. Clarityの管理画面で、正しく数値が計測されているか確認する

  • タグの種類:カスタムHTML
  • トリガーの設定:All Pages

{#h2title49}

{#googleDes}

  • クリックできない箇所をクリックできるように活性させる

{#h2title50}

{#googleDes}
Na♡たん様 専用

{#h2title54}

{#googleDes}

{#h2title55}

{#googleDes}
  • イメージを選定する人 = DockerFileを書く人
  • イメージの脆弱性対応を強めたい人
  • コンテナサイズの軽量化を追い求めたい人

{#h2title56}

{#googleDes}

{#h2title57}

{#googleDes}
image
  • alpine:3.13
  • golang:1.16.5-buster
  • gcr.io/distroless/static-debian10

{#h2title58}

{#googleDes}

{#h2title59}

{#googleDes}

{#h2title60}

{#googleDes}
♥Erina様♥

{#h2title61}

{#googleDes}

{#h2title62}

{#googleDes}
  1. 私の所属するチームで扱っている Nuxt.js および Typescript の概要を掴むため
  2. チーム内でMTGのファシリテータが偏ってしまう課題を解決するため

{#h2title63}

{#googleDes}

{#h2title64}

{#googleDes}
  • Nuxt.js 2.15.7
  • TypeScript 4.2.4
  • Vue.js 2.6.14
  • Vuex 3.6.2
  • firebase 8.7.1
  • tailwindcss 2.2.4
  • sass 1.35.1

{#h2title65}

{#googleDes}
  • M1 Mac
  • VSCode
  • yarn

{#h2title66}

{#googleDes}
  • ユーザーを登録・削除する
  • ユーザー情報をDBで保持する
  • 登録したユーザーからランダムに抽選する
  • 完了した人・休みの人にチェックし、抽選対象から外す
  • 抽選終了後、選ばれた人は自動で完了チェックされる
  • 全員チェックしたら一括リセットできる

{#h2title67}

{#googleDes}
  1. 環境構築
  2. 各機能作成
  3. Vuex導入
  4. firebase導入

欠席者の対応

{#h2title68}

{#googleDes}

sass の導入

型定義

{#h2title69}

{#googleDes}
  • 日本語ドキュメントが充実していてほぼ誰でも簡単に始めることができる
  • ルーティングを自分で作成する必要がない
  • SSRなどモードを選べるて柔軟なサイト設計ができる

{#h2title70}

{#googleDes}
Y様 お取り置き

{#h2title71}

{#googleDes}

  • 参加して欲しい関係者は 15 人以上で、全員が参加可能な日程の調整が難しい
  • 既に多くの予定が組まれていて、1 時間以上の時間の確保が難しい
  • プロダクトのリリース日は大まかに決まっていたことから、できるだけ早く完了させなければいけない
  • インセプションデッキのワークショップを実際にファシリテートした経験のあるメンバーがいない
  • そもそもインセプションデッキを知らないメンバーも多い

{#h2title72}

{#googleDes}
  1. 自己紹介
  2. インセプションデッキの説明
  3. 我々はなぜここにいるのか
  4. エレベーターピッチ
  5. トレードオフスライダー

image

エレベーターピッチの様子

  1. 個人ではなく職種ごとに色分けした付箋を利用する(エンジニアなら黄色等)
  2. 個人毎に自分の職種に該当する付箋を利用して、1 番優先順位が高いと思うものに投票
  3. 次に 1 番優先順位が低いと思うものに投票
  4. 投票結果を元にプロジェクトとしての合意を形成する
トレードオフスライダーの様子

{#h2title73}

{#googleDes}
Slack で頂いた感想
  • インセプションデッキの作成がどういったものか知ることができた
  • ワークショップ形式で議論ができたことによって、プロダクトについて理解が深まったり認識齟齬があることに気づけた

一方で

  • 発言に偏りがある
  • ツールの使い方には少し戸惑った
  • 最終的なまとめをもう少ししっかりやりたい

{#h2title74}

{#googleDes}
未開封 送料込 希少 Crystal Kay - Eternal Memories 12インチ レコード / クリスタル・ケイ

{#h2title75}

{#googleDes}

{#h2title76}

{#googleDes}

{#h2title77}

{#googleDes}
  • M1 Mac
  • Docker 20.10.7
    • Golang 1.14
  • Terraform 1.0.1
    • AWS provider 3.49.0

{#h2title78}

{#googleDes}
  1.  若草のシャルロット チャーミーシャル へアクセス
  2. 「 Create an app 」をクリック
  3. 「 Create New App 」をクリック
  4. 名前」と「ワークスペース」を指定する
  5. アプリを作成した後に表示されたページで「 Permissions 」をクリック
  6. 「 Scopes 」の項目で chat:write 権限を設定
  7. 「 Install App to Workspace 」をクリックし API トークンを取得する

{#h2title79}

{#googleDes}

バッチの運用方法

image

{#h2title80}

{#googleDes}

1. DB へ接続する

image

3. Slack に投稿する

{#h2title81}

{#googleDes}
image
image

{#h2title82}

{#googleDes}

Dockerfile の設計

image

{#h2title83}

{#googleDes}
{#h5title1}
{#googleDes}